10. オンライン英会話の選び方④ 上達のカギは講師にあり

オンライン英会話の選び方④ 上達のカギは講師にあり

何かを習うにあたり、大切なのは直接習う先生です。オンライン英会話の場合はほとんどがマンツーマンレッスンのため、特に講師の善し悪しが重要になってきます。

どんな外国人講師がいるのか

スクールの規模が大きければ大きいほど、たくさんの国の講師が在籍しています。様々な国の講師とふれあう事により、その国独特の文化の話なども聞く事ができます。留学や旅行などで特定の国に行く事が決まっている人は、その国の出身の講師がいるスクールにしぼって選ぶのもいいかもしれません。

英語の学習だけでなく、その国の豆情報も教えてもらえて一石二鳥。また、あえて英語の地方訛りを全面に出して話してもらったりすることで、いざ訪れたときにネイティブの会話が聞き取れないというリスクが生じることもあります。

講師の質は英語の能力や人柄だけでなく、指導能力にも採用の際に重点をおいているかどうかが選ぶポイントの一つです。

講師の指導トレーナーはいるか

講師の指導を積極的に行っているところであれば、講師の質が一定に保たれるので安心です。英語講師を教育するための資格を持ったトレーナーによる講師の育成にも力を入れている所もあるので、チェックしてみましょう。また、オンライン英会話の講師はフィリピン人が多いのも特徴です。フィリピンでは英語が準公用語になっており、非ネイティブのフィリピン人の英語力に関しては日本の中学、高校の英語の教師よりは少し高いレベルなので、安心して教わる事ができます。

講師は日本語が話せるか

講師の中には日本語の使用も可能な人も100人に1人はいます。 初めての英会話で日本語が全く通じないのは不安、という人は日本語も使える日本在住の外国人講師を選ぶといいでしょう。 ただし、日本語を多用してしまってはせっかくのレッスンが無駄になってしまうので、使うのは事務連絡など最小限で。徐々に英語のみでの会話を目指していきましょう。

日本人カウンセラー

迷ったときは講師を選ぶ際の日本人カウンセラーが常駐しているスクールもあります。もちろん相談は日本語で大丈夫。自分の希望を伝えるだけで、ピッタリの講師を選んでくれるので、自分でなかなか選べない優柔不断な方や、忙しい方にもおすすめです。

コラム総合トップへ

おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年