14.英語の重要性と学習方法について

英語の重要性と学習方法について

英語を勉強するときには、独学で勉強するのか人に習うかによってだいぶ勉強方法は違ってきます。独学の場合は、テキストなどの教材を選び自分でスケジュールを決めて勉強する必要があります。自分の空いた時間で自由にできるというメリットもありますが、忙しいとついつい後回しにしてしまったり、思うように上達しなかったりで、挫折してしまう場合も多いので強い意思が必要です。

また、リスニングは音声テキストなどで習得できたとしてもスピーキングの上達は一人では難しいところです。会話力を鍛えるには、やはり他者の力が必要になってきます。人に習う場合に一番に頭に浮かぶのが教室形式の英会話スクールだと思います。

生の英会話に触れる事ができ、勉強方法なども指導してくれるため、初心者の人でも英語が上達しやすいです。ただ、近くにいい教室が無かったり、決まった時間に教室に通うことができず、結局長続きしなかったという声も耳にします。

独学と人に習う方法の両方のいいところを合わせたのがオンライン英会話です。近くの教室を探す手間や、決まった時間に教室に通う時間も必要ないため、忙しい人でも続けやすいやすい環境になっています。ビデオ通話により、講師とマンツーマンで顔を見ながら会話ができる(レアジョブのようにサーバーの脆弱性のため音声だけのとこスクールもあるので注意)ので、むしろグループレッスンの教室形式よりも近い距離感で会話の練習をする事ができます。サポート体制もしっかりとしているところも中にはあるので、途中で挫折する事無く続けやすい方法です。

大学生の場合

日本への留学を希望するアジアの学生は年々増えています。日本の大学では日本人以外のクラスメートがいる事は、今では珍しいことではありません。日本語を教えてあげるのにも、英語を話せなければ教えようがありません。日常的にコミュニケーションをとるためにも 英語を話せるようにしておいて損はありません。また、時間のある学生のうちにTOEICなどの資格試験を積極的にとるようにすれば、就職活動にも役立ちます。

社会人の場合

公用語を英語にします、と宣言しているような外資系の企業でなくても英語は至る所に必要になってきます。仕事で海外と取引がある事も珍しくありません。そんな際に英語を全く話せないという事は、取引先とコミュニケーションをとる事ができなくなってしまうという事です。英語ができない事で、新しい仕事や昇進のチャンスを逃す可能性もあるかもしれません。

英語が上達するために、覚えておきたいポイントは、英語に長時間接することです。英語だけでなく言語を獲得するには、一般的にはその言語とどれだけ長い時間接しているかということになります。そういう意味では英会話の上達は、周りが全部英語でしか話せないという人だらけの英語圏に住むことが一番です。そこで暮らすためには、否応なしその土地の言語を聞く力と話す能力が必要になってくるからです。

日本に住んでいてアメリカやイギリスなどへ留学したりする時間が無いと言う場合には、できるだけ英語に接する時間を増やしてネイティブな英語との交流の時間を増やすことが早道になるでしょう。オンライン英会話は場所や時間の自由度が高いため、教室に通うよりも無駄なく受講ができ、自然と英語に接する時間を長くする事ができます。

最後に、日本人は英語、特に英会話に恐怖心を抱いている人がとても多いような気がします。おそらくその恐怖心は、「失敗したらどうしよう」という考えから来るものと思います。しかし、失敗しても構わないのです。

たいていの英語を母語とする外国人は、たとえ下手な英語であっても日本で日本人が英語を話すと喜んでくれます。逆の立場で考えてみれば、それは当然のことです。 外国人が、外国語である日本語を使って話してきたら、たとえその日本語が下手であっても、とても嬉しくなると思いませんか?それと同じことです。

また、少し文法や単語に誤りがあっても、相手がネイティブや英語上級者なら、言いたいことは十分通じることが多いです。英語で失敗をすることは決して恥ではありません。失敗を恐れずに積極的に会話をしていく事が上達への近道です。eAtlasのような マンツーマンレッスンでは周りの目が気にならないので、なかなか勇気が出せない人にもおすすめです。

コラム総合トップへ

おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年