8. オンライン英会話の選び方② 年齢別・目的別の選び方

オンライン英会話の選び方② 年齢別・目的別の選び方

児童(小学生以上)

勉強としての英語よりも、楽しく英語にふれあう事が重要な小さいうちは、子どものレッスンに対応しているスクールを選ぶ必要があります。通常のスクールに子ども用の学習プランが設定されているスクールもあれば、子ども専用のスクールもあります。内容や雰囲気などは実際に体験してみないと分からない事が多いです。ぜひお子さんと一緒にいくつか体験してみてから希望を聞いてみてください。

学生(中学生以上)

児童英語ではないけれど、大人と同じ内容もついていけなさそうな年齢は、一番悩みどころだと思います。スクールによっては細かく年齢制限されているところもあるので、まずは気になるスクールの年齢制限が無いかどうかを確認してみてください。スクールによっては初心者コースとして、入門用のカリキュラムが用意されているところもあるので、初心者でもつまずかない配慮がされているスクールを重点的に選ぶといいでしょう。

英語を習うあたり、はっきりとした目的や目標がある場合は、それにそったスクールを選びましょう。

海外赴任やビジネスのため

仕事で必要な英語を習う場合は、ビジネス英会話に対応しているかどうかを選ぶ基準にするといいでしょう。海外で仕事をする場合や、海外の企業との英語でやり取りする場合は特に、日常会話ではなくビジネスで使える会話を重点的にレッスンしてもらった方が効率的です。ビジネス英会話専門のオンラインスクールや、ビジネス英会話コースがプランにあるスクールを探してみましょう。

TOEICなどの資格試験対策のため

最終的に英検やTOEICやTOEFLで到達したい点数の目標がある場合は、そこも考慮して選択しましょう。各試験の対策をしてくれる専門のコースが設置されているスクールや追加で資格対策を行ってくれるスクールもあります。受験日までに万全の対策をとって試験にのぞめるといいですね。

研究やビジネス書類などのレポートのため

英文でのレポート提出や、書類の提出などで、英文を書かなければならなくなったときに助かるのが英作文コースです。Skypeのメッセージ機能や、専用のソフトを使って英文のライティング技術も学べます。必要に合わせて英会話とプラスして受講するといいでしょう。

コラム総合トップへ

おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年