4.オンライン語学レッスン向けコンテンツ(スマートフォン利用)>

マンツーマンに特化したオンライン英会話レッスンは、主にインターネットあるにはLANに接続されたPC上で利用することを前提としてアトラス株式会社のWebマーケティング事業部が開発、制作してきました。これに対してスマートフォンのアンドロイド、iphone、ipadをはじめとする端末向けのモバイルコンテンツが再任わずか数年のうちに、めざましい増加を示しています。この傾向は、特にスマートフォンの電話通話やメール以外の機能が拡張し、インターネット端末や動画・音声コンテンツ再生機器としてPC以上に普及しつつあることもあり、顕著になってきています。また、Apple社のiphoneやipadの情報表示にも対応したことから、iphoneやipadに特化した外国語学習コンテンツを開発しました。これらのモバイルコンテンツの特徴をあげるとすれば、このようなものが考えられます。

メリット

  • ・PCを必要としない
  • ・いつでもどこでも学習しいたいときに利用できる
  • ・再生用アプリケーションをすべて内蔵している
  • ・無線通信によって直接ダウンロードが可能

デメリット

  • ・データ容量はPC向けコンテンツに比べると制限が多く、相対的に小さい
  • ・専用端末ではないことが多いので、操作性が外国語学習に最適化されていない
  • ・利用する端末機器によって、システム環境が大きく異なり、コンテンツ相互運用性が低い
  • ・画質・音量などの素材品質がPC向けコンテンツより相対的に劣る

日本では、スマホは社会人のみならず、小学生から大学生まで急速に普及しています。其の変化に対応して、教育現場ではの―トPCやPDAなど専用の携帯学習端末を使わずに、スマホを外国語学習端末として活用する試みがさかんに行われています。スマホは、本来の通話機能よりも、Webサイトを見たり、メール送受信用端末としての機能が利用目的の主体ではなくなりました。しかし、PCに比べて動画・音質の再生にはまだ制約が多くのです。

アトラス株式会社でも、アニメーション製作用アプリソフトがスマホに特化した開発に対応するようになり、今後は動画を主体と敷いたスマホ向け語学レッスンシステムの開発を行っていく予定です。

また、Apple社のipadは、社会人や学生の若者に支持されていて、所有率が着実に上昇したおかげで、単なるインターネット検索機器としてよりも、学習機器としての可能性に語学学校の関係者の注目が集まっていいるようです。

コラム総合トップへ

おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年