10.CASECや英検と一緒にTOEICスコアを上げる併用学習

CASECや英検と一緒にTOEICスコアを上げる併用学習

TOEICは英語の初心者から上級者まで、様々なレベルの人間が同じ内容のテストを受ける。その中には英語が苦手な人がTOEICの教材を買っても、その内容自体についていけないことがある。

そんな人は、テストがレベル別に分けられている実用英語技能検定(英検)を何度か受けてみて、基礎的な能力をつけてからTOEICを受けることを勧めたい。

英検は級ごとに出題される文法や語彙がある程度決まっているので、効率よく勉強でき、テストを通して着実に総合的な英語力をつけられる。テスト後に送られてくる個人成績表から、読む・聞く・話す各分野の中でどれが自分の弱点か一目瞭然に把握できる点も優れている。

そしてもう一つ、CASECというインターネットで24時間いつでも受験できる英語能力テストを利用するのも手だ。CASECを始めて受けた人のスコア平均は500点前後だが、これをTOEICに換算すると400点台前半になる。まずは自分の英語力をチェックしてみること。

TOEIC400点台の人は、英検2級から受けるのがいい。自信がない人は確実に合格できそうな準2級か3級の同時受験をするべきだ。目標は1年で、3回の受験で準2級、2級、準1級に合格することだ。

英検に向けての学習法は、目標の級に必要な文法と語彙を中心に行い、受験後は個人成績表を参考に、弱点を確認しながら次のテストに向けて重点的に補強していく方法だ。こうして1回目のテストから1年で3回英検を受験する。

準2級から始め、3回目で準1級に合格したら、面接試験がある1級を受けずにTOEIC受験の準備に入ること。730点以上を取る英語力は十分についているはずなので、あとは公式問題集でTOEICテストに慣れることだ。

コラム総合トップへ