16.TOEIC全パートの攻略ポイントを押さえてスコアアップ(パート5,6,7)

TOEIC全パートの攻略ポイントを押さえてスコアアップ(パート5,6,7)

4 悩み別対策 時間配分

リーディングの後半で、時間切れになってしまうというのは、多くの受験者が抱える共通の悩みだ。パート7の途中で終了時間が迫っていることに気づき、駆け足で解く人も見かける。

だから、時間配分には戦略が必要だ。比較的簡単だが、問題数が多いパート5で時間を使いすぎないよう、1問20秒のペースで進ませたい。その分、パート7に時間を回していくのだ。

パート6は、1つの長文の中に3つの穴埋め問題がある。12の設問中の10問が文法問題だが、ここは空欄の前後だけ読めば解けるようになっている。長文を全て読んで時間がなくなってしまう人は、2問捨てる覚悟でやり方を見直すのも大事なこと。

パート7は焦って本文を飛ばし読みする人も少なくないが、じっくり読んで内容を正確に理解すれば、簡単に解ける設問が実は多いのだ。

選択肢をAから順番に読み、途中で正解と思うものがあれば、残りの選択肢は読まずに次の設問に進む方法もある。このやり方もパート6で2問捨てる方法も900点に達してない人の時短戦略としては有効だ。しかし、800点台を狙うなら、問題文も選択肢も全て読み、確実にスコアを稼ぐことにしたい。

リーディングセクションでは、解く順番は受験者の完全な自由だ。順番に解くのが王道なのだが、集中力を要するパート7から解きだし、その後パート5に進み、最後にパート6を解けば、時間切れになりにくい。

どんな順番でも解けば時間通りに終わり、スコアが高くなるかどうか、公式問題集を解いていくつかのパターンを試し、自分の勝負パターンを見つけておくべきだ。

コラム総合トップへ