世界のグローバルエリートはTOEIC900点以上が最低ライン

世界のグローバルエリートはTOEIC900点以上が最低ライン

TOEIC900点は高い目標に思われるかもしれないが、基本をしっかり積み上げて努力することで到達可能なレベルだ。ただし、900点はあくまでも中間目標で、最終的には議論がスムーズにできるビジネス英会話を目指すべきだろう。

TOEIC900点を達成することにより、自信と責任感が高まる。英語に自信がないことが一因になって一歩引いていた姿勢が変わり、強い気持ちで前に出られるようになる。会議などでも自分から話しかけるようになる責任感が強まる。900点を達成することで、仕事のモチベーションが底上げされるのを感じられるようになるだろう。

外資系企業や外国人社員が多いしく場では英語に触れる機会がある。しかし、英語力をさらに高めるには、もっと英語を勉強する時間が必要だ。多くの日本人に苦手なリスニングは、克服しようと大手の英会話スクールに通うが仕事でレッスンを受けられないことも多く、数十万円を無駄にするのは少なくない。

しかし、世界のビジネスの現場で必要なのは、自分の考えを主張する力だ。例えば、数人で会議をするとき、まずは最低限会議の内容を把握しなければならない。ネイティブが話すスピードについていき、内容を聞き取り、理解するリスニング力が必要になる。

このとき、相手が話す英語を聞き取り、それを日本語の語順に並べ替える余裕はない。頭の中で英文に並び変えている間にも、相手は次の話題を話始めているので、どんどん遅れを取ってしまい、いざ自分が話すチャンスが来ても有効な発言はできないだろう。

こうした事態にならないため、英語力の中心となるスキルを身につける必要がある。まず、会話のスピードに合わせて英語を理解するには、英語が話された順番通りに、つまりその英文の構造通りに、主語、述語と語順のまま理解していく前から力がある。

次に、耳で聞いた英語をその音の通りに、正しく発音するトレーニングが必要だ。多くの日本人は、英語をローマ字読みしてカタカナのように発音している。自分の発音と相手の発音が違っていれば、同じ単語でも聞き取れないだろう。

英語を正しく発音できるようになることが、正確に聞き取るための最初のステップだ。英語を聞き逃さずキャッチするには、英単語のつづりを連想してローマ字読みをすることから離れるスペル(つづり)からの解放が重要になる。

相手が話している内容を正確に理解するためには、英語の構造を正しく捉える事も欠かせない。英会話では、1つの文に主語や述語がいくつもある英文が出てくることがある。どの主語がどの述語に修飾しているのかといった英文の構造をしっかりつかまないと、相手が何を言っているのかわからなくなる。

コラム総合トップへ