4.動画配信サービスのHulu(フールー)でシャドーイング①

動画配信サービスのHulu(フールー)でシャドーイング①

シャドーイングをマスターする方法として、動画定額配信サービスのHuluを紹介する。Huluを使えば、効率的な英語学習が可能になる。長続きしやすいというのが一番のメリットだが、カギを握るのはやはりシャドーイングだ。

英語学習で一番大切なことはモチベーションの維持だ。シャドーイングするときも同じで、動画配信サービスのHuluは安くて質の高いサービスとして人気が高い。Huluを使ってTOEICのリスニングで満点を取れるほど英語力を上げた人もいるほどだ。

シャドーイングは、ツタヤやゲオといったレンタルビデオ店にあるDVDやブルーレイでも可能だ。しかし、Huluを使えば、いつでも思い立ったときにすぐ始めることができる。他の動画配信サービスと比較しても、英語コンテンツのラインナップが群を抜いていて、幅広いジャンルの作品選びにも定評がある。

シャドーイングの音声教材として使う動画コンテンツは、ハリウッド映画ではなく、できれば海外ドラマを選ぶこと。海外ドラマは24やセックスアンド・ザ・シティーなど中毒性があり、回を重ねるごとに次回を見たくなる気持ちが強まるため、登場人物の性格も理解してくるから、英語のセリフを聞き取れなくても主人公の性格から判断しながら推測できるようになる。英語学習では海外ドラマは最も長続きしやすいコンテンツと呼ばれている。

まず、シャドーイングに使うドラマを決める。今まで観たことのある好きなドラマという気持ちが長く続くと思われるもので、好きな海外ドラマを選ぶこと。どれでもいいと言う女性には、日常生活を描いたデスパレートな妻たちや、オフィスシーンが多いアグリー・べティーをお勧めしたい

英会話で頻繁に使うフレーズが出てくるという意味では、グリーでも十分参考になる。次に、ドラマを見て最低30秒ほどのシーンを決める。1週間かけて様々なアプローチを試みて丁寧に鑑賞しながら学習するやり方が正しい。

また、平日は仕事が忙しく、シャドーイングの時間を捻出できるのは週末だけという人には最新作でも準新作でも1週間後に返却できるレンタルビデオ店の利用がいい意味で追いつめられてやる気になる。ただし、シャドーイング上達の秘けつは、最短でも3ヵ月間毎日やるということを忘れずに。

コラム総合トップへ