4つのお客さまへのお約束

 

4つのお客さまへのお約束

 Atlasマンツーマン英会話ピーター・ヨネナガからのメッセージ

私たちは、無事にクリティカル・イヤーである2020年を迎えることができるのでしょうか?
    
今考えておくべきことは、「2018年をどのようにして迎えるのか?」です。鬼の失笑を買うような気が早い話とお思いでしょうか?
    
2017年は1つの節目でした。実りの秋の次には、必ず冬が来ます。欲張り、浮かれ過ぎれば、我を忘れ、足元を掬われてしまいます。振り返れば、欲張ることが徒労につながるのだと、いつものことに気付くことになります。

それが分かっているのなら、実りの秋の収穫は、1つ前の冬からの入念な準備をもとに、「適時」「適当」に切り上げ、次の「冬」にいかに備え、次の「種蒔き」を済ませるのかです。

先々を見通し、浮かれることなく自覚して臨むことが大切です。2018年、2019年、そして東京オリンピック開催予定の2020年をどのように迎えるのか。考え、想像するところから全てが始まります。あなたに一足先に考え、動いていただくための私たちAtlasマンツーマン英会話からの発信です。言わずもがな、「先手必勝」しかありません。

さて、2014年頃から私たち日本人が日々使っている「日本円」は、出回る紙幣の量が多くなっていることで急速に価値を低下させています。
(参考コラム:「物価とインフレ」スーパーに並ぶ商品がどんどん小さくなっている)

語学スクールで例えると、「日本円」で購入できるサービス(入会金約5万円やレッスン料金1回60分3,000円)に対する価値は、政府の借金が含まれた紙幣の発行量に応じて減価されています。

今後、あなたの稼いだ大切なお金をただ銀行に預けるのであれば、少子高齢化が確定した現在では金利などほとんど付きません。なぜなら、日本の経済が縮小し、資金需要が減っているので、企業への貸し出しによって金利を稼ぐことができなくなっているからです。

つまり、一般の会社員は給料を「日本円」で受け取っているので、その労働の対価の一部を政府に奪われている(奉納している)というわけです。

さらに、量的金融緩和という日本国民に政府の負債を背負わせる誤った政府と日銀の金融政策により、「日本円」を弱体化させ、緩やかなインフレを招き、結果として通貨の持つ購買力は切り下げられています。

目には見えなくても、語学スクールが提供するサービスの価値に対して、あなたの持っている「日本円」の価値が減価されています。これは、日銀を経由したステルス増税であり、政府と日銀にあなたの労働の対価が毎日奪われています。

今後は間違いなく、全国すべての語学スクールの入会金やレッスン料金はインフレによって「値上げされていく」と予想できます。そこでAtlasマンツーマン英会話では、無料体験レッスンは1日限定10人までとし、約1時間の中に体験レッスンとそのレベルチェックにより自宅学習とレッスンカリキュラムをあなただけにお教えすることにしました。

これは皆さんにとって一世一代のチャンスです。一生に二度とやってこないどころか、所属されている会社やご家族にとっても未曾有であり、無二のチャンスになります。是非、お楽しみに。そして今だからこそ特価での入会特典へのお申込みも忘れずに。

無料体験レッスン申し込みはこちら