7.小学校英語教育のためのICT活用の意味とメリット

ICTの利点は、時と場所を選ばずにいつでもどこでも利用可能なことが挙げられますが、小学校の英語活動では次の6点があります。

1.英語の音声を聴かせる
各教室で、標準的な質の高いネイティブスピーカーの発音に触れさせることができること
2.日本とは違う文化に触れさせる
魅力的なキャラクターの制作や現実に海外での生活の様子などの動画や画像との組換えにより学習意欲や効果を高めることができる
3.十分なインプット量を確保する
子どもの状況に合わせて反復して教えることができるので、聞く力を高める上で必要な徹底した繰り返し学習が可能になる
4.即時解答によって個別での評価が可能
多くの教材は、解答をマウスやキーボードで入力すると正解や不正解などの評価を返してくれます。評価方法にも工夫が施されていて、絵やキャラクターなどの子供を励まして次の学習につなげるように配慮がなされているものになる
5.アウトプットの場所
音声認識システムがPCに組み込まれれば、かなりの精度で話しての音声を聴き分けることが可能になります。使用者にも発言が求められるシステムでは、うまく返答しなければコミュニケーションが成立しないようになります。
6.英語を発信する範囲と対象を広げる
レッスンチャットルーム内での音声録音で、交流先の海外の学校へ送ることができます

コラム総合トップへ

おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年