1.オンライン 英会話の基礎知識① オンライン英会話スクールで心配な事

オンライン 英会話の基礎知識① オンライン英会話スクールで心配な事

オンライン英会話スクールを検討するときに、不安だったという声が多いのはこんな声でした。
(レアジョブ、DMM英会話、eAtlas、ぐんぐん英会話、ECC、ベルリッツ、産経オンライン英会話、ラングリッチ、イングリッシュタウンのデータから抜粋)

直接講師と会えないのが不安

教室形式の英会話教室との一番の違いが直接会えないという事です。ただ、オンライン英会話スクールのほとんどはビデオ通話も可能になっています。音声だけでなく、身振り手振りを交えての会話は可能ですが、実際面と向かって受けるレッスンと遜色無いものとはなっていません。

フリートークが不安

自由に話すといっても何を話したら良いか分からず不安に思うかもしれません。英語に堪能な人でなければ、いきなりフリートークでペラペラ話しだすのは不可能なのは当たり前です。

フリートーク形式の授業では、こちらから希望を出さない限り、講師主体で会話を進めていきます。毎回の話題作りに悩む必要はありません。また、レッスンはフリートーク形式だけではなくテキストを使ったレッスン形式もあるので、希望に会わせて受講する事ができます。

フィリピン人講師の技量の差が不安

あまり、教え方が上手ではない講師にあたってしまったらどうしよう、優秀な講師をどうやって判断したらいいのか分からない、と悩む事もあるかもしれません。スクールによっては講師を育てるためのカリキュラムが用意されていたり、生徒からの意見も積極的に取り入れる事により、講師の質を水準以上に保つ事にも力を入れています。人気の講師は実際に存在しますが、それ以外の講師の質が悪いという事ではないのでご安心ください。

講師の入れ替わりが激しいのが不安

オンライン英会話に限らず、色々なスクールで共通する悩みが、今まで習っていた講師がいなくなってしまう事です。オンライン英会話スクールでも、一定水準を保つために除籍になる講師もいれば、本人の都合で講師をやめてしまう人もいます。もし、気に入っていた講師がやめてしまった場合は、残念ですがあきらめるしかありません。

ただし、教室型スクールの場合と違って、異動によって教えてもらえなくなる事が無いのがオンライン英会話のいいところです。たとえ講師が遠くに引っ越したりしても、講師本人さえ望めば講師を続けてもらうことができるのは安心ですね。

コラム総合トップへ

おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年